スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1909年のフロイト/ジョーンズ往復書簡(1)


7J(07/02/1909)
 アメリカの旅の報告。(1)ボストンでの精神療法会議。(2)米精神療法学会設立。(3)モートン・プリンス主催のジョーンズによるフロイト講座。ウィリアム・ジェイムズは欠席したが、ミュンスターバーグ、パットナムらが出席。とはいえ彼らの関心はあくまで精神療法にあり、アメリカ人は金を稼ぐのに熱心で、独自の成果は出ていない。なにより無知である。ブリルを除き、『夢解釈』を読んだ人に会ったことがない。プリンスは「心理的衝撃」[外傷の影響を性的要因ではなく強度に帰す]の信奉者で、フロイトがこの概念を「無視している」のを不思議がっている。無意識概念も曲解している。ボリス・シディスはヨーロッパの「すべての」潮流を批判している。アメリカ人に向けての戦略としては、まず各々の流派に通じること。ここではなんでも通俗化されてしまうので、分析の普及を急がず、科学的な厳密性を重視すべき。神経学、心理学の分野で重きを置くのが信頼を勝ちうる早道。アメリカ人は表面的なので、ひとつのテーマをいつまでも論じていると偏執狂扱いされる。性的なことを扱うと性的神経衰弱患者と見なされる。じぶんも性的なテーマは別のテーマにまぎれこませて薄めるようにしている。既存の心理学に関連づけることでもっとも初歩的なことを受け入れさせるのが肝心。いきなり高度なことを教えても怯えさせるだけ。ブリルはその点で誤りを犯した。臨床家としては優秀だが自己満足に陥りがちで聴衆の存在を忘れてしまう。個人的な成功と公的な失敗の乖離という点ではシュテーケルに似ているが、アメリカではシュテーケルの方が重きを置かれている。ボストン以外では精神医学いがいの精神病理学への関心はみられず、精神療法は信用されていない。心霊主義やいかがわしい医療に夢中のがちがちに保守的なボストン人にさえ。アメリカの神経学者および精神医学者のレベルも期待をはるかに下回る。ここではかれらはいわゆる「ビジネスマン」で金儲けに余念がない。ただしアドルフ・メイヤーは早発的痴呆の心因説に与し、ユングの毒素説と距離を置いている。「悪夢論」発表。ハンス症例を心待ちにする。「幼児期の性理論」「詩人と空想すること」拝読。

8J(17/02/1909)
 アメリカのヒステリーはウィーンのヒステリーと同じだが、数は多くない。

9F(22/02/1909)
 モートン・プリンスについてのご意見には同意しかねる。プリンスはフロイトの理論の本質がジャネに負っていると発言し、ブリルとアブラハムから聞くところによると、性的なことがらを重視しているという理由でかれら論文の掲載を拒否したとのこと。フロイトの無意識についても曲解している。プリンスの友好的な態度の裏に隠れた悪意に警戒すべし。あなたの外交家としての才能は認める。分析はアメリカで早晩抵抗を引き起こすであろうから、なるべくその現れを遅らせ、コントロールすべし。ブリルが私の著書の翻訳を終え、精神分析が金儲けの手段としてではなく真の科学的関心の対象となるよう願う。

10F(28/02/1909)
 訪米が決定。かの地でじぶんがあなたの人間関係を損なわないよう希望する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。