スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1909年のフロイト/アブラハム往復書簡(5)

70A(16/05/1909)
 モルの主催する心理学協会での発表のためご無沙汰していた。演題は「成人の心理生活における幼児の幻想」。モルはいつものように友好的で、議論に油を注がないように自戒していた。フロイト来訪の件についてはフロイトの述べたヴァージョンとはまったくちがっていた。モルについては悪評を耳にすることが増えている。今度は距離を置くつもり。顧客横取りの一件[編注によれば詳細は不明]についても不利な立場にいる。帰途ベルリンに立ち寄るとの由、たのしみで仕方がない。オッペンハイムは病気さもなければ出張中で、仕事は順調そのもの。午前中に九人の患者(うち六人は分析)。大洪水の記述を除いてランクの本は気に入った。抑圧の諸効果についての今後のかれの研究に期待する。広場恐怖症は脚光を当てるに値するテーマとは思わないだろうか。このケースをかなり見ていて、父か母への固着がみられる。この種の患者は不安にとらわれるときじぶんが小さいと感じていて、四つん這いで歩きたいと願い、まわりの人が極度に大きく見える。じぶんが歩けない幼児であるとの幻想が明らかだ。じぶんのからだが縮んで大地に埋没すると感じている。胎児になるもしくは母胎に回帰する願望がみられる。この見解に賛成であろうか。

71F(23/05/1909)
 オッペンハイムから離れていられるのはよろこばしい。ベルリンでは75歳の兄[エマヌエル]を避けてお宅へ伺いたし。夏はアメンヴァルトに滞在するが、仕事に集中したいので会えない。モルの奴は医師ではなくヘボ弁護士。アブラハムの論文の本数が減っているのは分析への関心を失っているからだと言うので、じぶんが論文発表を半年置きにすべく助言したことを伝えた。[このあとさらに罵倒がつづく。]広場恐怖症を幼児の空間感覚に帰すことができることはわかっていた。空間不安は飲み込まれたいという幻想だ。つづきはお会いしてから。

72A(15/06/1909)
 休暇はオランダで過ごすのでいずれにしてもお訪ねできない。フロイトのベルリン訪問時にはブレーメンに用事ができた[休暇中に会いたいという申し出を拒否されたことに対する腹いせか?]。足および衣服フェチの同僚を分析。この手の患者に治療の効果はあるのだろうか。

73F(11/07/1909)
 ユングもアメリカに同行することはご存知だとおもうが合流のタイミングは未定。

74A(13/07/1909)
 ユングの同行は初耳。オッペンハイムの精神分析批判論文。

76A(10/11/1909)
 神経学会での発表の際、「どんな神経症患者においても出会ったことがないほどの抵抗」につきあたる。新聞で話題の偽霊媒師。

77F(23/11/1909)
 「精神分析について」執筆。神経学協会の発表「夢幻的状態」を「年報」に載せては如何。ウィーンの状況はアイティンゴンよりお聞きかと存ずる。かれに委ねた写真をご覧になれば私がアメリカの件でいかに体を削っているかがわかるであろう。臨床上の新たな発見はなし。ご同僚に患者を譲る余裕もなし。「年報」には載せるべきこと多し。『日常生活の精神病理学へむけて』第3版を近日中にお送りする。つづけて『性理論三篇』の第二版の作業に入る。「応用論集」にはレオナルド論(アイティンゴンにだけ話してある)のかわりにあなたのセガンティーニ論を載せたい。オッペンハイムという若い神話学者の協力をとりつけるつもり。「あなたの」オッペンハイムはウィーンにいるが会わなかった。とくに会いたくもない。ゼミナールを開講中。近くあなたの「ヒステリーと早発性痴呆の差異」をとりあげる。

78A(24/11/1909)
 お写真を額に飾る。セガンティーニ論はあなたのレオナルド論に匹敵するものではないだろうがまとめるつもり。ユリウスブルガーの小著はいまだに妥協的。これは幼児性転移の産物。リーマンなる作家が人は夢解釈によっては幸福になれないと主張。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。