スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1909年のフロイト/ジョーンズ往復書簡(2)


12J(08/04/1909)
 ハンス症例への賛辞。同症例中のペニスの不在ゆえの女性にたいする蔑視、および割礼ゆえのユダヤ人にたいする蔑視という指摘にかんしては、前者はもっともだが、後者については奇妙におもわれる。ユダヤ人にたいする一般的な態度は蔑視というよりも(その成功や孤高への)憎悪であるから。これにかんしてブラウニングの詩が参照される。「髭をたくわえた一介のユダヤの民である/割礼をほどこされたパウロが/われわれには隠された秘密にあずかっているとおまえはおもわないか……」。ブラウニングは反ユダヤ主義者ではないが、救い主がユダヤ人であることをおもしろくおもっていなかったのであろう。ブラウニングの著書には多大なマゾヒズム的な傾向がみられる。

13F(18/05/1909)
 わたしとフェレンツィは8月21日にジョージ・ワシントン号でブレーメンを出航する。あなたの帰米と重なるかどうかはさだかではないが。

14J(18/05/1909)
 ハムレットのエディプス複合についての論文ほか一点を二週間ほどで仕上げる所存。アメリカ講演は英語でなさるべし。ドイツ語を解する者など皆無ゆえ。ハンス症例は「芸術的な愉しみ」をもたらしてくれた。追伸:フィスターとエマニュエル・ムーヴメントについてはどうおもうか?

15F(01/06/1909)
 ハムレット論に期待。フィスターは個人的な知己なるも、エマニュエル・ムーヴメントとは無関係。前例なきゆえ講演で英語は使わず。「年報」に空きあらば「鼠男」掲載せむ。

16J(06/06/1909)
 当方は三日遅れの出発。かの地での合流を期す。演目は夢に限定するより無意識の心理的メカニズム一般を扱うのがよろしくはないか?


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。