スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロイト/フィスター往復書簡(1909年3月〜8月)


6F(30/03/1909)
 ユングの批評は気にするなかれ。ご来訪をたのしみにしている。

8F(10/05/1909)
 フィスターに贈られたマッターホルンの浮き彫りをめぐる夢想。あなたのおかげでじぶんはユングの言う「父親コンプレクス」から解放された。

9F(13/06/1909)
 論敵フェルスター派の論文への謝辞。年報のための「強迫神経症の一症例」。ユングがアメリカに随行。年のこの時期に感じるコロンブスとの類似。コロンブスのような大地への郷愁。

10F(12/07/1909)
 自分は夢解釈の先駆者について無知であり、剽窃者扱いされかねない。フェルスターは信頼できない。われわれの「学派」に秘密結社なところはない。

11F(16/08/1909)
 あなたの考えは精神分析の言葉を用いることによってもっと理解されるようになるだろう。アメリカ旅行中にユングからあなたの話を聞けることが楽しみだ。

スポンサーサイト

フロイト/フィスター往復書簡(1909年2月〜3月)


4F(20/02/1909)

 われわれの観点が異なるのは、感情が思考過程に影響し、さまざまな形での重要な意味をもつという点であることがあなたの手紙から確認できた。この語にあなたがあたえている歴史的な意味において、私もまた「プロテスタント」であることを認めたい。プラハの友人エーレンフェルス教授が「性的プロテスタント」という名称をこしらえたことが思い起こされる。[……]来月早々に届く小冊子(編注によれば「グラディーヴァ」論文)は、貴兄へのリスペクトのしるしであるとご理解願いたし。


5F(18/03/1909)

 『福音の自由』所収のフィスター論文「分析による魂の癒しと魂の治癒の一症例」についての意見。発表媒体の性質上、検閲がはたらいているのは致し方ないが、検閲が「最良のくだり」(ハイネ)にまで及んでいるのは遺憾。もっと大胆であってしかるべき箇所もある。宗教的な帰依においては、空想の創造的想像力が興奮を呼び起こすことはくりかえし述べるまでもない。宗教はみずからそれを認めようとはしないけれども。
 [論文中の]第一の夢においては、若い女性が「湖に飛び込む」が、「水上で自力で身を支えていて、……すぐに体が乾く」。これは出産の夢である。水から上がることは、コウノトリが赤ん坊を迎えにいくこと、つまり出産を意味している。一方、「水に入ること=出産」は、つぎのように説明し得る。死と性の強い結びつきゆえに、女性は生から解放されたいという願いを、性的空想の象徴的完遂によってしか実現できず、高所から飛び込む、あるいは服毒するのだ(服毒は悪阻に関係している)。
 反対物による表象の容易さゆえに、出産と誕生の象徴は、しばしば混じり合う。サルゴンやモーセやロムルスの神話における「小箱」も同じく誕生を意味している。ランクの「英雄誕生の神話」を参照のこと。小箱とは女性器である。ノアの箱舟の伝説も同じ。くだんの夢においては、男性が女性を助けに飛び込もうとするが、女性は自力で身を支え、自力で脱する。この女性は聖母であり、このくだりの意味は、男性は彼女が男性自身の子供を産むのを助けたいということ。とはいえ聖母は男性の助けなしに出産する。それゆえ、すぐに体が乾くとは、処女懐胎を意味している。この情景の信憑性にたいする夢見者のためらいは、カトリックの教義への疑いを示している。この夢はすでに見たことがあると夢見者が言うのは、母親の膣内の風景への既視感であり、母親の胎内への回帰願望を示している。精神分析の先駆者であるカトリックの良心の導き手が、性的な主題を最小限度に抑えたのはよく知られるところだが、実際には性の主題に精通しているのだ。
 あなたの探究はすぐに典型的な帰結を導き出すはずだ。というのは、宗教的な思考にとって、行動指針は家族のなかに跡づけられるから。「神=父」「聖母=母」「患者=キリスト」。この症例から確信を得たのは、(早発性痴呆に不可欠な)連想技法は神経症の分析においては自由連想にまさるものではないということ。すぐに悪影響が現れるだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。